「浦和南高校サッカー部OBオフィシャルサイト」に掲載されている記事、写真、映像等の無断転載・引用等は一切禁止しております。

Copyright (C) 2020 浦和南高校サッカー部OB会. All Rights Reserved.Powered by NPO Sports Expand

​ HISTORY

など高校サッカー界における古豪である。松本暁司監督の下で昭和44年度に全国高等学校サッカー選手権大会全国高等学校総合体育大会国民体育大会(当時は単独チームで出場)の高校サッカーの3大タイトルを制覇した(国体は現在、都道府県選抜チームによる競技となっており(単独チームでの出場も可能だが、単独チーム名ではなく、県選抜の扱いになる)、出場資格も、高校2年生までとなっている。)。この頃の活躍が漫画『赤き血のイレブン』のモデルとなった。

1980年代中頃を境に県予選での敗退が続いており、高校選手権は2001年第80回大会、インターハイは1990年宮城県で開催された第26回大会への出場を最後に大会から遠ざかっている。2013年埼玉県立浦和東高等学校を率いていたOBの野崎正治が監督に就任し、2014年の新人戦では25年ぶりに準優勝に導いた。

ユニフォームは永井良和らを擁して三冠を獲得した当時は赤色のものを着用し、2014年の時点でも同様のユニフォームを着用しているが、田嶋幸三(現日本サッカー協会会長兼FIFA理事)水沼貴史らを擁して高校選手権連覇(第54回大会第55回大会)を達成した当時はクリーム色のものを着用していた。